熊野速玉大社公式サイト|和歌山県新宮市鎮座 根本熊野大権現 世界遺産

熊野速玉大社公式サイト

特別授与品

熊野速玉大社には様々な授与品がございます。

eto2017

熊野牛王宝印

01
熊野牛王(くまのごおう)は、熊野権現にゆかりある烏を絵文字化した護符で、戦国時代からその形を変えることなく伝わってきました。熊野速玉大社の牛王は、四十八の烏文字で描かれているところから、よとやの神咒(かじり)とも言い、速玉大神の衆生を救う願いが一羽一羽の烏に込められていると謂われています。
病気平癒、災難除けのみならず、熊野牛王は戦国武将間で忠誠心や絆を強く結ぶために用いられたほか、江戸時代には遊女が起請文として使うなど、広く庶民の間に親しまれてきました。太閤秀吉は諸国大名との誓約に、熊野速玉大社の熊野牛王を使いました。


なぎ人形、なぎまもり

・なぎ人形~御神木「梛」の実で奉製した熊野速玉大社独自の柱掛け人形。家内安全・縁結びの信仰があります。
・なぎまもり~御神木「梛」の実で奉製した熊野速玉大社独自のお守り。なぎ人形と同じく家内安全・縁結び・海上安全の信仰があります。


なぎ守、ネックレス型お守、ネクタイピン型お守


直霊守(なおひまもり)

私達の魂の根源にあって人を人としてあらしめているものが直霊であります。
心を正しく保ち、身魂を御守護いただくお守りです。


サッカー守


甦守


八咫烏守


御朱印について

バナー
バナー
バナー
バナー
バナー
画像
熊野速玉大社への基金・御奉賛について