熊野速玉大社公式サイト|和歌山県新宮市鎮座 根本熊野大権現 世界遺産

熊野速玉大社公式サイト

基金・御奉賛のお願い

・御神像修復保存基金

 「御神像修復保存基金」は、熊野速玉大社所蔵の国宝「速玉大神像」、「夫須美大神像」、「家津美御子大神像」、「国常立命像」のほか、七躯の御神像の修復、保存を恒久的におこなうために創設されました。

これら御神像は平安初期に彫られた御神像の最高作といわれ、古代の人々の熊野速玉大社への崇敬が伝わってまいります。

しかしながら千年の時を経て、傷みや劣化が多くみられ、その保存が危ぶまれておりますことから、この貴重な文化遺産を未来に残していくために、誠に恐縮に存じますが、何卒熊野信仰の根元に坐し、神道文化の興隆と理解に大きな意味を持つこの基金にどうか暖かい御理解、御奉賛を賜りますよう心からお願い申し上げます。

:御神像修復基金 一口¥10,000- :振込先:郵便振替   口座番号:00920 9 14900:加入者名:熊野速玉大社
(振替用紙の通信欄に「御神像基金」とお書き添え下さい)          

・御社殿塗り替え基金

 熊野速玉大社は、全国に祀る熊野神社数千社の総本宮として崇敬を集めております。熊野信仰の原点、神倉山に天降られた神々を景行天皇の御代、初めて瑞々しい社殿を築きこの地にお祀りしたことに始まり、平成十六年には世界文化遺産に登録されました。

緑の社に一際映える壮麗な御社殿は、熊野三山の中でも最も美しい社と称され、往古の熊野権現垂迹縁起、一遍上人聖絵などにも、丹塗りの御社殿が麗しく描かれております。

然しながら、台風などによる激しい雨風の影響や、近年の紀伊半島大水害の災害による被災などで毎年の様に御本殿はじめ各社殿、南神門、東神門、手水舎、回廊等の修理・塗り替えを順次行っています。

美し国熊野に坐しますこの新宮に大自然の恵みを献じて神々を斎き祀り、感謝と畏敬の心を込めて護り伝えてまいりました多くの先人等の努力を、今度は私達が皆様のご協力を仰ぎながら、さらに後世へと守り伝えていきたいと願っております。

つきましては、世界遺産熊野速玉大社保全事業「御社殿塗替え基金」の御奉賛に、何卒御力添えを賜りたくお願い申し上げる次第でございます。

バナー
バナー
バナー
バナー
画像
熊野速玉大社への基金・御奉賛について